「intertech.ne.jp」は、4月末で消滅しました。

Rebel1100|ランバーサポート|楽々運転

この記事は約2分で読めます。

ランバーサポートなるワードがある。

座椅子や事務椅子は、寄りかかるイメージがあるけど、バイク乗るに踏ん反り返る姿勢まで必要とせぬが、腰当たりを少しでも支えられると運転姿勢が楽になる。

スーパーカブC125/レブルでキャンツーする時、リアシートに用品を満載するが、その前面に、バイクシートカバーを丸めて挟み込んでランバーサポートとしている。これが中々の効力を発揮してくれる。
4,500キロの北海道ツーリングでも、疲れ知らずに走れたのは、ここにも一因あるかと❓

本来、シートに跨がって走る乗り物だから、跨がり姿勢をサポートする用品の種類は少ないけど、探せば、色々とある。

ましてやレブル1100車種限定となるとその数が絞られてくる。まともな製品となるとデイトナ社製くらいしか見当たらない。この29,728円だが、側面の鉄板が見た目を損なってると思う。

安いところでは・・・

この6,462円のイッピン・・・Facebookグループで聞いてみたら、取付するに板金加工やらが必要と書かれていた。仕上がりのデザインもイマイチかと・・・❗ 位置が高すぎる❓ ⇒ 切断すりゃ良いかも❓

ランバー(腰)であって、背中までのサポートは要らないと思う。

そんな情報の中、ふぅ~と一考思いついた。

この太いパイプ、外径が35mmある。
シートとパイプのすき間に、タンデムシートの固定ねじが見える。今は、タンデムを外してる。

この35Φパイプを利用して工夫が出来ないかと・・・

そこで、パイプクランプなるイッピンを探しまくった。これが数多くヒットする。

こちらは、ロードバイク用のアクセサリー

AliExpressでもヒットする。そんな中・・・1,767円をポチった。

もう一つ、無駄と思いつつも・・・880円もポチる。

前述の35mmパイプへのアタッチメントは、Amazon買物で翌日に届く、AliExpressからの荷が届いてから、「背もたれ」構造(形状、固さ等々)を判断して、パイプへの取付を考える。

とする。

さぁ~てどんな結末かな・・・乞うご期待願いたい。

では・・・再見❗

追記:
デイトナの商品、試してみたいが・・・価格差が凄い❓

コメント 匿名書き込みも可能

タイトルとURLをコピーしました