2月16日(金)/孫の写真、2024年1歳版に変えました。

大連の父

この記事は約1分で読めます。

24年前とあるご縁から始まった 大連との繋がりは、今も続く・・・

ろくに  言葉も分からず・・・

十余年間に渡り、現地生活・・・

現地法人作るも・・・

波瀾万丈想いでの数々・・・

SARSなる病原体が世界を心頭した2002年頃、晩飯する夜間営業の飲食店探し翻弄・・・

 

今朝、目覚めに開いたYoutubeサイトに、こんな動画が公開されてた。

 

現地、我が仕事も起動に乗り出した頃、  新年を祝う宴席場面に、 の仕事仲間が大勢参加、旗振り団長してる時、父の訃報を受け取る。

その前の年末、恒例年賀状仕事真っ最中、実兄から「そろそろ・・・」との連絡を受け、一泊二日で 帰国して、病院先を見舞うが、担当医曰く「こんな元気なお爺ちゃん・・・早く退院せにゃアカン❗ 」と・・・そのベッド脇で、父が発した「たつや、大連でガンバレヤ・・・」それが、最後の言葉だった。

その父、ほぼ老衰だったが、満州戦争に出陣している。終戦混乱時、ソ連軍に捕まり、遠くシベリア送りされる汽車から脱走、広い満州平野を命からがら逃げ回って、大連の地に戻れた。

こんな古き時代の大連動画を観ると・・・

思い出す・・・

我が父・・・

 

では・・・再見❗

コメント 匿名書き込みも可能

タイトルとURLをコピーしました