「intertech.ne.jp」は、4月末で消滅しました。

安全運転|追突

この記事は約2分で読めます。

今朝の拾い読みニュース

バイクの事故❓・・・気になった。

場所❓何処か記憶にあった。

外環の荒川に架かる橋「幸魂大橋」(さきたまおおはし)であった。

まぁ過去に何度も報じられる、渋滞に伴う追突事故である。

追突されたバイクの方はお気の毒だが・・・回避することは出来なかったのだろうか❓

僅かな投稿動画だが、高速を走行中、前方の高速出口から渋滞が始まってるから当たり前にブレーキを掛けるのだけど、このケース、前方車との車間距離を見定めながら行うブレーキもポンピングで後続車に警告(後続車の追突予測)しなければならない。この被害者は、マスツーのようだ(警察検証場面に仲間)、仲間と一緒に走ると楽しいのかも知れないが、私は、自転車時代から嫌う行為。バイクなら、なおさら好きになれぬ走り方。自分の身のために安全運転するのに、走り仲間への気配りも余計に必要となる。まぁ経験豊富な連中なら宜しいが、バイク歴が浅い私にゃ真似できぬ。

話変わって夏のキャンプで訪れた草津高原、そこの管理人室での立ち話を思い出す。

私が、レブルで北海道ツーリングしてきた話を始めたところ、会話仲間の友人、その彼氏、歳は60歳前後かと❓長年、サラリーマンしており、定年退職を記念して、人生最長休暇、2週間の有給休暇を取って念願のバイクで北海道ツーリングするために颯爽と出掛けたが、その彼氏、東北道の深夜時間帯、走行中、後続車大型トラックに追突され帰らぬ人となってしまった。返す言葉も無く管理人室から離れた。

その一週間前に北海道ツーリングから帰ったばかりの私には、往復自走した東北道の深夜時間帯の交通状況が脳裡に浮かぶ。常磐道~東北道は、東名高速等と違って交通量が絶対的に少ない。そこを走るわけだから、走り易いと云えばそうかも知れんが、ローカル高速道は、片側一車線が多い、そこを法定速度で走る私を追い越すクルマがある。そんなクルマを早期に見つけて路肩に寄せたりして追越を促す場面は数多くあった。

まぁまぁ・・・目覚めからグタグタ書き残すが、安全運転をココロしてバイクライフを楽しもう❗

コメント 匿名書き込みも可能

タイトルとURLをコピーしました