2月16日(金)/孫の写真、2024年1歳版に変えました。

iPhone|ショートカット機能

この記事は約3分で読めます。

人間通しの通信手段、電話機から発展したスマホ。
本来、互いの通話手段として使われるデバイスだけど、私、仕事のヘルパーとして活躍させている。

そんなiPhoneスマホの便利、重宝な「ショートカット」機能をご存じだろうか❓

普通に操作すると、画面に並ぶ各種アイコン群から、必要なアイコンを探してタップ、必要な項目をスライドやピンチ操作・・・探して実行させる。のだが、いつも使う定番処理する度、同じステップをしなければならない。

そこで登場するのが「ショートカット機能

仕事で使う時、必要時間で画面を消す「自動ロック」切替を頻繁に使ってる。

その操作、タップ ⇒ スライド ⇒ タップ ⇒ スライド・・・結構な手間がかかる。

iPhoneのショートカット機能の説明をするには、時間が必要なので省くが、概ね、よく使われる機能は、初期登録されているが、この「自動ロック」うんぬん・・・の項目は、事前登録されていない。

さぁ~て、方法が分からない。

そこで、Googleで検索すると・・・ヒットする。

この2番目の情報を開くと・・・

新規ショートカット登録に必要なパラメーターが出てくる。
それをコピーしておく。

そして、次の手順で登録する。

① ショートカット画面の右上「+」をタップすると、新規作成となる
② 先に「ショートカット名称」を入力しておく ⇒ ロック解除
③ 次のアクション選択肢の中「Web」をタップする

④ 画面をスクロールして「URL」 ⇒ 「URL」をタップする
⑤ この蘭に、先ほどコピーしたパラメーターをペーストする
⑥ ペースト終わる

⑦ 次に「URLを開く」をタップして
⑧ 「完了」タップで登録終了となる
⑨ ショートカット画面に登録されたショートカットアイコンが出来上がってる。それをタップすると、「自動ロック」切替画面が即座に起動してくれる。

さらに・・・

「設定」「アクセシビリティ」「タッチ」「AssistiveTouch」「最上位をカスタマイズ」「」

先ほど登録した「ショートカット」をここで登録しておく。

何処の画面でも「アクセシビリティアイコン」をタップ(私はシングルタップ)すれば、登録した「ロック解除」のショートカットが実行される。

こんな便利な機能なのだが、この機能は、深掘りすると奥深く、結構、敷居が高い。
これを業とする会社もあるようです。

この説明で出てくる登録に必要なパラメーターが必要なんです。

が、しかし、Googleで探せば、ほぼ欲しい機能のパラメーターはヒットする。

是非、お試し願いたい。

では・・・再見❗

コメント 匿名書き込みも可能

タイトルとURLをコピーしました